ホークス松田宣に復調の気配 OP戦2号2ラン「本塁打で変わっていけたら」 | NewsCafe

ホークス松田宣に復調の気配 OP戦2号2ラン「本塁打で変わっていけたら」

スポーツ フルカウント
ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
■試合前OP戦打率.077→2安打で打率.188 工藤監督「ああいう形で打てればもっと打てる」

■巨人 4-3 ソフトバンク(オープン戦・14日)

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が14日、巨人とのオープン戦(ヤフオクドーム)で「7番・三塁」でスタメン出場。8回にOP戦2号2ランを放つなど3打数2安打2打点をマークした。OP戦打率.188とした。

 待望の一撃は4点を奪われた直後の8回無死一塁だった。松田は新外国人クックの投じた147キロ直球に反応。右中間のホームランテラスに打ち込む2号2ランだ。「あっち(右)方向という意識はなかったけど、いい投手の速い球を打てたのは良かった」と振り返った。

 6回先頭の第2打席では菅野からチーム初安打となる三塁への内野安打。この日のマルチ安打で試合前まで1割を切っていたOP戦打率を.188まで戻した。「数字は出てなかったけど、やろうとしていることをやっての結果。こうしてホームランが出たことでまた変わっていけたら」と前を向いた。
《Full-count》

特集

page top