無所属・鷲尾氏が自民入りへ=二階氏主導、競合の細田派反発 | NewsCafe

無所属・鷲尾氏が自民入りへ=二階氏主導、競合の細田派反発

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 自民党が無所属の鷲尾英一郎衆院議員(新潟2区)を近く入党させる方向で調整していることが分かった。党幹部が14日明らかにした。二階俊博幹事長が主導し、新潟2区の党支部長を務める細田健一衆院議員(比例代表北陸信越ブロック)が所属する細田派は反発している。
 鷲尾氏は2005年衆院選で旧民主党から初当選し、当選5回。17年に旧民進党を離れた後、無所属で活動している。昨年の新潟市長選で自民党系候補を応援するなど、最近は自民党との共同歩調が目立つ。
 鷲尾氏の入党について、党執行部の一人は「新潟県連も受け入れると言っている」と強調。細田派側にも伝えられ、鷲尾氏は月内にも入党を申請する見通しだ。
 ただ、細田派幹部の一人は「現職議員がいるのに、ちょっと信じられない」と執行部を批判。次期衆院選の候補者調整は難航しそうだ。
 二階氏は先に、無所属の細野豪志元環境相を二階派に迎え入れ、選挙区で競合する現職が属する岸田派が反発。来年の東京都知事選をめぐっても、自民党都連と対立する小池百合子知事の再選支持を唐突に表明し、党内で二階氏への不満が広がっている。 
《時事通信社》

特集

page top