パスタ好きなら知っている!?日本とイタリアのカルボナーラの違い | NewsCafe

パスタ好きなら知っている!?日本とイタリアのカルボナーラの違い

グルメ オリーブオイルをひとまわし
パスタ好きなら知っている!?日本とイタリアのカルボナーラの違い

オリジナルサイトで読む >

パスタソースは数あれど、人気パスタソースの上位に必ずランクインするソースといえば、「カルボナーラ」。食べると至福の時が訪れる、濃厚なクリームソース。チーズと卵、ベーコンの組み合わせが絶妙だ。なじみのカルボナーラだが、その名の意味はご存じだろうか?ここでは、カルボナーラの名前の由来や本場イタリアと日本のカルボナーラの違いなどを紹介しよう。

1. 食材がちがう?日本とイタリアのカルボナーラ

カルボナーラは、イタリア語で炭火や石炭を表す「カルボーネ」が語源といわれている。仕上げにかける黒コショウが炭に似ているため。あるいは焦がしたベーコンが炭火のようであるため、そう名付けられた。また、イタリア語で「カルボナーリ」という意味を表す炭焼き職人が、日持ちのする塩漬け肉、ペコリーノチーズ、卵を使ったパスタを好んでよく食べていたなど、その名称の由来には諸説ある。

その発祥は、ローマともナポリともいわれているが、もともとはチーズがメインのソースで、ラードなどは使われていたがベーコンは入っていなかったという説もある。第2次大戦後、アメリカ軍によりベーコンや卵が流出した。ローマには、ペコリーノチーズと黒コショウだけで作られるパスタ、カッチョ・エ・ペペという郷土料理が存在する。そのカッチョ・エ・ペペに卵やベーコンを加えたものがアメリカ兵向けに作られ、現在のカルボナーラとして広まったようだ。

日本で親しまれているカルボナーラは、アメリカから伝わってきたであろうレシピで、生クリームを使うものが多いが、現在でもイタリアのカルボナーラは、チーズと卵で作られるソースが伝統的なものとされている。味も濃厚で、チーズがのびるほどたっぷりと使う店もある。

2. カルボナーラの食材選びのポイント

今回は、イタリア式の生クリームを使わないチーズメインのカルボナーラソースにチャレンジしてみよう!
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top