10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事 | NewsCafe

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

健康・生活 もこすく
10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事
執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。
出産という大仕事を果たした後に直面する育児は大変ハードで、「ワンオペ育児」など社会問題にもなっています。
誰にでも起こりうる「産後うつ」は、早めの対処はもちろん、予備知識を持つことも重要なポイントです。

産後うつの症状


似た症状として「育児ノイローゼ」という言葉を思い浮かべる方も多いかもしれません。
こちらは育児ストレスから発症する神経症の一種といわれていますが、「産後うつ」との明確な違いは医師の解釈によってもさまざまです。
しかしながら「産後うつ」は、医学的に認知されている心の病です。
たとえば、以下のような症状が挙げられます。

とにかく気分が落ち込む


何事も楽しむことができない、興味がわかない


《Mocosuku》

特集

page top