犬にとっての「遊び」が持つ役割と重要性について | NewsCafe

犬にとっての「遊び」が持つ役割と重要性について

動物 ワンちゃん本舗
犬にとっての「遊び」が持つ役割と重要性について
「遊ぶ」ということは「社会」を「学ぶ」ということ


犬にとって「遊ぶ」ということは「学ぶ」ということです。犬同士が遊ぶことで犬社会を学び、相手(犬)との接し方や自分の立場を理解します。犬が人間と遊ぶことで人間社会を学びます。人間と暮らすためのルール、人間との接し方、相手(人間)がどんな存在なのかなどを理解します。


犬社会を学ぶことができなかった犬は、他の犬と上手くコミュニケーションをとることができず、他の犬を極端に恐れたり、攻撃したりするようになってしまうことがあります。


人間社会を学ぶことができなかった犬は、しつけで苦労しいやすく、問題行動を起こしやすくなってしまうことがあります。人間との接し方がわからないため、思いっきり飛びかかったり、強く噛んでしまったり、人間を傷つけてしまうこともあります。


犬は、犬同士で遊ぶこと、人間と遊ぶことで社会を学んでいます。安全なこと・安全なもの、危険なこと・危険なもの、そういったことやものを学ぶためでもあります。とくに生後12週頃から迎える社会化期には、たくさん遊ぶことでたくさんのことを学び、どんどん吸収してくれる重要な時期です。
《わんちゃんホンポ》

特集

page top