【高校受験2019】東京都立高校入試<数学>講評…共通問題・自校作成問題 | NewsCafe

【高校受験2019】東京都立高校入試<数学>講評…共通問題・自校作成問題

子育て・教育 リセマム/教育・受験/中学生
東京都立高校入試<数学>講評
  • 東京都立高校入試<数学>講評
  • 東京都立高校入試<数学>講評
  • 東京都立高校入試<数学>講評
 平成31年度(2019年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、平成31年2月22日(金)に実施された。東京都が平成31年2月14日に発表した最終応募状況によると、全日制は募集人員3万1,619人に対し4万4,160人が志願し、最終志願倍率は1.40倍。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査の「数学」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

<数学>講評(SAPIX中学部 提供)

思考力に加え、高い計算力や解の吟味を要する問題が増加。


 共通問題は、形式・内容ともに大きな変更はありませんでしたが、やや難化しました。

 日比谷は、2018年よりは取り組みやすくなったものの、難度の高い問題もあり、思考力とともに時間配分への意識が求められました。

 西は、例年通り大問4で特有の出題があり、しかも2018年より難化しています。この大問に時間をかけられたかどうかがポイントでしょう。
《編集部》

特集

page top