一人ひとりの声をすくう=柳美里さん、福島の高校生と舞台上演―東日本大震災8年 | NewsCafe

一人ひとりの声をすくう=柳美里さん、福島の高校生と舞台上演―東日本大震災8年

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 東日本大震災は多くの人の人生に影響を与えた。作家の柳美里さん(50)もその1人。直後から福島県に通い、4年前に同県へ移住。昨年は芥川賞受賞以前に主宰していた演劇ユニット「青春五月党」を復活させ、被災者の体験を織り込んだ舞台に取り組む。その第1弾作品「静物画」を、ふたば未来学園高校(広野町)演劇部の生徒が出演して3月、東京で再演する。
 柳さんは南相馬市小高区に暮らす。事故を起こした東京電力福島第1原発の20キロ圏内にあり、警戒区域の指定が解除されたのは3年前だ。
 帰還者の生活のためには「地域にふらっと人が集まれる空間も必要では」と感じた柳さんは自宅に本屋「フルハウス」と劇場スペースを開設した。「静物画」は柳さんが演出も兼ね、昨年9月、同所で初演した。
 当初、県外での上演は考えていなかった。だが、「電気を使っていた首都圏の人々に当事者意識は乏しく、年々希薄になる。東京でも上演する意味があると思った」と柳さん。
《時事通信社》

特集

page top