滝沢秀明社長「山口達也復帰ナシ」を条件に『TOKIO』と“手打ち”か | NewsCafe

滝沢秀明社長「山口達也復帰ナシ」を条件に『TOKIO』と“手打ち”か

芸能 まいじつ/entertainment
滝沢秀明社長「山口達也復帰ナシ」を条件に『TOKIO』と“手打ち”か

『ジャニーズアイランド』滝沢秀明社長による〝恐怖人事〟が囁かれる中、意外な情報が伝わってきた。煙たい存在であるはずの年長グループ『TOKIO』とは、すでに〝手打ち〟をしたというのだ。


【関連】『嵐』再結成は“絵空事”!?…大野智へ滝沢社長が「解雇通告」 ほか

「『嵐』は2020年末での活動休止を決定しましたが、すでにリーダー大野智の追放説が出ています。木村拓哉は、ビートたけしも『なぜ!?』と驚くほど、バラエティー進出が露骨。完全に〝イジメ〟の対象にしている。後は〝天敵〟中居正広を追い込みたい。でも『TOKIO』だけは、どうにも手が出せない。そこで滝沢社長は穏便決着させたようです」(ジャニーズライター)


今やジャニーズ事務所の人事決定者である滝沢社長だが、なぜ『TOKIO』には強硬策に出られないのか。


「年功序列のジャニーズにあって『TOKIO』は筆頭グループ。いくら滝沢社長がエリートだといっても、全体の貢献度は滝沢社長個人では勝負にならない。滝沢社長が嫌いな年長者ばかりでも、簡単につぶすことはできないんです」(同・ライター)


《まいじつ》

特集

page top