結婚まで37年!『新婚さんいらっしゃい!』で明かされた過酷な恋 | NewsCafe

結婚まで37年!『新婚さんいらっしゃい!』で明かされた過酷な恋

芸能 まいじつ/entertainment
結婚まで37年!『新婚さんいらっしゃい!』で明かされた過酷な恋

2月17日に放送された『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ)に、37年越しの愛を実らせた55歳カップルが登場。感動を呼んだ。


【関連】元『SPEED』島袋寛子の夫がヤバ過ぎ…メンバーの4人中3人が悲惨 ほか

今年、放送48年を迎えた同番組は“同一司会者(桂文枝)によるトーク番組の最長放送”として、ギネス世界記録に認定されており、今までに数多くの新婚さんが登場している。


話題になったのは、18歳のときに同じ会社に勤務したことがきっかけで交際を開始した55歳のカップル。交際当時、男性が女性の父親に結婚の申し込みをしたところ、なぜか父親が激怒し、結局は結婚できなかったという。


「反対の理由は、男性の出身地が会津(東北の福島県西部)だからという理由でした。女性は九州の鹿児島出身だったため、結婚が許されなかったというのです。父親は大切な娘を憎い会津の男に嫁がせたくなかったんでしょうね。結局、2人は別れましたが、55歳になった男性が37年ぶりに鹿児島を訪れ、無事女性と再会。その後、晴れて結婚しました。一途な思いに涙した視聴者も多かったでしょう」(エンタメ誌記者)


《まいじつ》

特集

page top