【MLB】イチローがアクシデントで見せた人間力 死球を当てた2投手を救った言葉 | NewsCafe

【MLB】イチローがアクシデントで見せた人間力 死球を当てた2投手を救った言葉

スポーツ フルカウント
「ライブBP」で打席に立ったマリナーズ・イチロー【写真:木崎英夫】
■ライブBPで盟友ヘルナンデスから右足に死球も…

 オープン戦初戦を翌日に控えた20日(日本時間21日)、実戦形式の打撃練習(ライブBP)で今季の復活が期待されるフェリックス・ヘルナンデスとイチローが対峙。注目の顔合わせに、キャンプ地の簡易スタンドはにわかにファンで埋まったが、予期せぬ事態が待っていた。

 空振りをした直後の5球目、曲がりの速いスライダーがイチローの右足をショートバウンドで襲う。右足を踏み込んだ直後とあって、さすがのイチローも避けきれなかった。

「あー!!」

 激痛が走ったのか、大きな声を張り上げたイチローは、バランスを崩して両手で地面を着き、手から離さなかったバットを地面に押し当てて、最後は左足1本で立ち上がった。ヘルナンデスは心配そうにマウンドから駆け寄ったが、イチローは練習を継続。次の打席にも入ったが4球で終えると、残りのメニューを残してクラブハウスへ引き上げた。その際にヘルナンデスは再度歩み寄り、イチローを気遣った。
《Full-count》

特集

page top