電機大手はベア重視=6労組、要求書提出―19年春闘 | NewsCafe

電機大手はベア重視=6労組、要求書提出―19年春闘

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 日立製作所や三菱電機など電機大手の労働組合が2019年春闘の要求書を経営側に提出し、自動車大手を含む主要労組の要求が14日、出そろった。電機大手は従来通り、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を重視。自動車大手ではトヨタ自動車の労組がベアの具体額を示さず、定期昇給などを含む月例賃金総額の引き上げを求めた。
 電機、自動車大手の集中回答日は3月13日。電機大手は、日立、三菱電のほか、東芝、パナソニック、富士通、NECの6労組。16、17年春闘で統一交渉から離脱した東芝を除き、電機大手のベア要求は6年連続で、要求額は4年連続で3000円とした。 
《時事通信社》

特集

page top