道庁爆破事件で第3次再審請求 | NewsCafe

道庁爆破事件で第3次再審請求

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 2人が死亡、95人が重軽傷を負った1976年の北海道庁爆破事件で、殺人と爆発物取締罰則違反などの罪で死刑が確定した大森勝久死刑囚(69)が14日までに、札幌地裁に第3次再審請求を申し立てた。請求は8日付。大森死刑囚は一貫して無罪を主張している。
 弁護団によると、犯行声明文に記された手書きの※印と、大森死刑囚のメモなどに書かれた※印をコンピューターで解析。97.6~98.8%別人が書いたとする鑑定書などを新証拠として提出した。 
《時事通信社》

特集

page top