甲子園春夏連覇左腕が目指す支配下復帰 3桁番号から「早く抜け出したい」 | NewsCafe

甲子園春夏連覇左腕が目指す支配下復帰 3桁番号から「早く抜け出したい」

スポーツ フルカウント
ブルペンで投球練習を行うソフトバンク・島袋洋奨【写真:福谷佑介】
■育成契約1年目は3軍で25試合登板「色々大変な部分がありました」

 2010年の甲子園。春夏連覇を果たした沖縄・興南高のエースが島袋洋奨だった。春は全5試合、夏は全6試合に先発し、チームは負けなしの11連勝。「琉球トルネード」と称された独特のフォームで一世を風靡した。

 背番号「143」。これが現在、その島袋がソフトバンクで背負う番号だ。中央大を経て2014年のドラフト5位で入団。2015年に1軍で2試合に登板したものの、2017年夏に左肘の関節内遊離体(通称ネズミ)の除去手術を受けると、そのオフには育成契約へと変更となった。

 ラストイヤーの覚悟で挑んだ、育成選手としての1年目。手術を受けた左肘も順調に回復したとはいえ、ウエスタンリーグでの登板は6試合止まり。主に3軍戦での出場となり、そこでは25試合に投げた。「育成で1年間過ごして悔しさはありました。それを早く抜けられるように、支配下登録に戻れるように頑張りたいです」。育成選手として迎える2度目の春のキャンプ。左腕は昨季の悔しさを露わにした。
《Full-count》

特集

page top