男子が本気で大事にしたい年上女性はこんな女性! 3ページ目 | NewsCafe

男子が本気で大事にしたい年上女性はこんな女性!

恋愛 愛カツ
男子が本気で大事にしたい年上女性はこんな女性!

だから、たとえばキャバ嬢は、新規のお客さんを自分のものにしようと思えば、下ネタトークを繰り広げて「じゃ、時間だから私は違う席につくね。また指名してね」と言って、涼しい顔で退散するのです。


退散したのちに、彼が自分のことを指名してくれると、経験からわかっているから。


特技がある・いい会社に勤めている

女子が、場合によっては、男子の「ブランド」に弱いように、男子も女子のブランドに弱いものです。とくに年上女性が持つブランドに、男子はめっぽう弱い!


高校生の頃にバスケットで国体に出た、も、男子にとって「女子のブランド」です。言うまでもなく、名の通った大学を出ているとか、名の通った会社に勤めているとかも、ブランドです。


相手のブランドを好きになって付き合っても3ヵ月と交際がもたないというのは、都市伝説です。相手の肩書や見た目に惑わされてはいけないという、世間に流布している説教は、マジメくさった人の戯言です。どんどん自分のブランドをアピールして、自分ブランドを餌にして、気になる彼を釣るといいです。


《愛カツ編集部》
page top