手軽さとおしゃれさを兼ね備えたカルパッチョ!そのカロリーとは 4ページ目 | NewsCafe

手軽さとおしゃれさを兼ね備えたカルパッチョ!そのカロリーとは

グルメ オリーブオイルをひとまわし
手軽さとおしゃれさを兼ね備えたカルパッチョ!そのカロリーとは
ほかにもパプリカや水菜、小松菜などの野菜を使用したカルパッチョも存在する。

3. カルパッチョの糖質は気にする必要なし?

使用する食材によって多少変動するが、カルパッチョの糖質量は4.9g程度といわれている。魚や肉と、野菜を同時に豊富に摂取できることを考えると、さほど高くない数値といえるだろう。

さらに糖質を抑えたい場合は、野菜を玉ねぎやトマトではなく、比較的低糖質なレタスや水菜などに変えるとよいだろう。使用する材料によってはカロリーが少し高くなるが、たくさん摂取する料理でもないので、問題ないだろう。

カロリーや糖質を考慮しても、ダイエット中の人は気にすることなく、カルパッチョを食すことができる。

4. カルパッチョをさらにカロリーオフで食べるには

カルパッチョのカロリーが高いのは、特製ソースに使用されているオリーブオイルが原因といえる。そのため、いかにこのオリーブオイルを減らすかがカロリーを抑える焦点だ。ここからはオーブオイルを使用しない特製ソースを紹介していく。

和風ドレッシングベース特製ソース

このソースはめんつゆをベースにしたソースだ。材料は、めんつゆ、醤油、レモン汁、酢を使用し、これらを全て混ぜる。オリーブオイルを使用したものよりさっぱりとしたソースになる。

オニオンソース

みじん切りにした玉ねぎを使用し、食感を楽しむことができるソースだ。材料は玉ねぎのみじん切り、醤油、レモン汁、酢、塩コショウ。食材の味とソースを同時に味わうことができるのが特徴だ。

レモン汁

これはソースを使用せず、シンプルにレモン汁のみで食べる方法だ。レモンの酸味がカルパッチョに使用されている食材の味を際立たせる。かなり低カロリーに食すことができる方法だろう。

結論

カルパッチョは食材を変えるだけで、摂取することができる栄養分なども大きく変化する。総じて低糖質なので、ダイエット中の方は、カロリーを気にせず、お手軽に満腹感を得ることができるだろう。簡単に作ることはできるので、家庭でも作ってみてはいかがだろうか。

最低限知っておきたい!イタリア料理に関するイタリア語投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top