東京株、終値531円高=米中協議期待などで大幅反発 | NewsCafe

東京株、終値531円高=米中協議期待などで大幅反発

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY/STOCK
 12日の東京株式市場は、米中貿易協議の進展や米政府機関の閉鎖回避に対する期待感と、為替市場での円安・ドル高が好感され、幅広い銘柄に買いが広がった。日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反発し、終値は前週末比531円04銭高の2万0864円21銭となった。
 米中両国首脳が貿易協議の期限である3月1日までに電話会談を行うと一部で報じられ、双方の対立による経済悪化への警戒感が後退。米政府の暫定予算失効を15日に控え、米議会の与野党が政府機関の閉鎖回避に向けて基本合意したと伝わったことも、株高につながった。 
《時事通信社》

特集

page top