副業・ふるさと納税など…「確定申告」で選択して除外できる内容・できない内容 | NewsCafe

副業・ふるさと納税など…「確定申告」で選択して除外できる内容・できない内容

お金 マネーの達人
副業・ふるさと納税など…「確定申告」で選択して除外できる内容・できない内容

確定申告の手続きでは、1年間の所得状況や保険料・医療費・ふるさと納税その他の支払い状況、住宅ローン残高などをトータルに申告します。

年末調整を受けたサラリーマンにおいて、副業の所得が20万円以下であれば確定申告が不要という話は有名です。

また5自治体以下にふるさと納税を行った場合も、ワンストップ特例の手続きを行うことにより確定申告が不要になります。

副業の所得やふるさと納税は、確定申告を行う場合は除外して申告してはいけません。

特にふるさと納税は、確定申告書等作成コーナーで目立つように注意書きもされるようになりました。


《マネーの達人》

特集

page top