【大学受験2019】Z会東大生講師、残り17日の過ごし方とは…文系編 | NewsCafe

【大学受験2019】Z会東大生講師、残り17日の過ごし方とは…文系編

子育て・教育 リセマム/教育・受験/高校生
東大生講師が教える直前期の過ごし方 (イメージ)
  • 東大生講師が教える直前期の過ごし方 (イメージ)
  • Z会東大個別指導教室プレアデス
 Z会グループの首都圏における個別指導教室「Z会東大個別指導教室プレアデス」は2019年2月8日、「東大入試まで“残り17日”の過ごし方~文系編~」を公開した。点数の伸びしろは地歴にあり、出題形式に慣れるため過去問演習を重ねることが大切だという。

 Z会東大個別指導教室プレアデスは、完全「1対1」にこだわった個別指導教室。厳しい筆記試験と面接をクリアした東大生・医学部生が講師を務めている。

 「東大入試まで“残り17日”の過ごし方~文系編~」では入試直前の受験生に向けて、東大生講師が勉強のポイントを紹介。東大生講師によると、点数の伸びしろは地歴にあり、現役生は特に対策が遅れがちな地歴にきちんと時間を割くことが重要だという。地歴は「最後の最後まで伸びる科目」であることから、出題の形式に慣れて、ポイントを詰め込んだ解答を作ることができるよう過去問演習を重ねることをお勧めしている。また、作った解答はできる限り他人に見てもらい、相手に正しく伝わるかを確認することも大切だという。
《外岡紘代》

特集

page top