作り置きにもピッタリ!牛カツの正しい保存方法とサクサクを取り戻す方法 | NewsCafe

作り置きにもピッタリ!牛カツの正しい保存方法とサクサクを取り戻す方法

グルメ オリーブオイルをひとまわし
作り置きにもピッタリ!牛カツの正しい保存方法とサクサクを取り戻す方法

オリジナルサイトで読む >

お肉の揚げ物の代表格、とんかつよりも歯切れがよく、またひと味違った風味と旨みをもつ牛カツ。ボリュームも兼ね備えていることから、余ってしまい保存したいなんてこともあると思う。また、牛カツは保存のポイントに気をつけることで作り置きしておくことも可能なのだ。今回は、牛カツの正しい保存方法について紹介していく。

1. 旨みを逃さない!牛カツの正しい保存方法

牛カツなどの揚げ物は長期保存に向いていないように思えるが、ポイントを抑えることで1ヶ月の長期保存も可能になる。基本的に牛カツを保存する際は、冷蔵保存か冷凍保存を行う。冷蔵保存の場合は、2日、冷凍保存の場合は、1ヶ月程度が目安とされている。あくまで目安なので、状態次第でこの日数は大きく減少することもある。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top