「悪夢の民主政権」で火花=安倍首相と岡田元副総理―衆院予算委 | NewsCafe

「悪夢の民主政権」で火花=安倍首相と岡田元副総理―衆院予算委

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 「取り消しなさい」「取り消しません」。12日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が自民党大会の演説で旧民主党政権を「悪夢」と形容したことに対し、同政権の中枢を担った立憲民主党会派の岡田克也元副総理が撤回を要求し、感情的なやりとりに発展する場面があった。
 「民主党政権の反省はある」と切り出した岡田氏は、東京電力福島第1原発事故に触れ、「最大の苦しみは原発事故。もっとうまく対応できなかったか」と振り返った。その上で、事故の根源的な原因は原発政策を進めた歴代自民党政権にあると指摘し、「反省はないのか」と首相に迫った。
 首相は「過酷な事故は反省している」と語りつつ、有効求人倍率が低迷していたことなどを挙げ、「少なくともバラ色の民主党政権ではなかった」と批判。「(民主から民進に)党名を変えたのはイメージが悪いから」とやり返した。
 激怒した岡田氏が「全否定のレッテル貼りはやめろ」と声を荒らげると、首相も「『安倍政治は許さない』と全否定したプラカードを持ったのはどこの党か」と応戦。与野党議員のヤジも飛び交い、議場は騒然となった。 
《時事通信社》

特集

page top