鷹・今宮が川相昌弘の世界記録を“猛追”…今季達成が予想される記録【犠打編】 | NewsCafe

鷹・今宮が川相昌弘の世界記録を“猛追”…今季達成が予想される記録【犠打編】

スポーツ フルカウント
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
■史上7人目の300犠打達成はロッテ細川? ホークス今宮?

 走者をバントで送る犠打は、野球のスタイルが大きく変化しつつあるNPBで、変わらず用いられている戦術だ。

 半世紀前の1969年は1試合あたりのバント数を見ると、パが0.57、セが0.54だった。それに対し、2018年はパが0.63、セが0.67と、わずかではあるが増加している。投打ともに大きくスタイルが変化しつつも、日本のプロ野球では今も昔も犠打を多用している。

○NPBの通算犠打数10傑 ※()内は実働期間、現役は所属チーム記載

1川相昌弘 533犠打(1983-2006)
2平野謙 451犠打(1978-1996)
3宮本慎也 408犠打(1995-2013)
4伊東勤 305犠打(1982-2003)
5田中浩康 302犠打(2005-2018)
6新井宏昌 300犠打(1975-1992)
7細川亨(ロ)294犠打(2002-)
《Full-count》

特集

page top