交通系ICカード「エリアまたぎ」の利用なぜ難しい? JRで東京から沼津は不可 | NewsCafe

交通系ICカード「エリアまたぎ」の利用なぜ難しい? JRで東京から沼津は不可

車・乗り物 乗り物ニュース
きっぷとICカードに対応した駅の自動改札機(2011年3月、草町義和撮影)。
「Suica」や「ICOCA」といった交通系ICカードは、全国相互利用サービスにより、全国各エリアで利用できます。しかし、東京~沼津間や大垣~米原間といった「エリアまたぎ」の利用はできません。どのような事情があるのでしょうか。

同じ路線の駅なのにICカードで乗降できない…なぜ?

 最後にきっぷを買ったのはいつのことか覚えていますか。いまや首都圏では「Suica」や「PASMO」など交通系ICカードの利用者が9割以上を占めているそうです。2013(平成25)年には交通系ICカードの「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「PiTaPa」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」で「交通系ICカード全国相互利用サービス」がスタートし、国内多くの都市の交通機関を1枚のICカードで利用できるようになりました。

 ただし「相互利用」といっても制約があり、それぞれのエリアをまたいで利用することはできません。JR東京駅でSuicaを使って入場し、そのままJR大阪駅まで行って出場することができないように、ICカードは各エリア内で完結する利用が前提となっています。 そんなことは当たり前だと思うかもしれません。しかしこのルールを適用すると、同じ路線の駅なのにICカードで乗降できないケースが発生してしまいます。たとえばJR東京駅の改札にICカードをタッチして入場し、東海道線に乗ってJR沼津駅(静岡県沼津市)で自動改札機にタッチしてもゲートは開きません。東京駅はJR東日本のSuicaエリアですが、沼津駅はJR東海のTOICAエリアだからです。同様にTOICAエリアのJR大垣駅(岐阜県大垣市)で入場し、ICOCAエリアの米原駅(滋賀県米原市)で出場することもできません。 こうしたICカードの境界駅を越える利用者数は決して多いわけではありませんが、地元自治体や利用者からは、利便性向上のために異なるエリアをまたいで使えるようにしてほしいという声が上がっています。なぜこのような制約を、わざわざ設けているのでしょうか。
《乗りものニュース》

特集

page top