賢い犬とおバカな犬の違い4つ | NewsCafe

賢い犬とおバカな犬の違い4つ

動物 ワンちゃん本舗
賢い犬とおバカな犬の違い4つ
1.物覚えの差


犬はとても賢い動物として知られています。ボーダーコリーなどの賢い犬種は約500個の単語を覚えるらしいですよ。ちなみに平均的な知能をもつ犬は300個ほどの単語を覚えることができるそう。賢いと知られている犬種は平均的な犬よりも約2倍ほど覚える量が違うので、他の犬よりも物覚えが良く賢いといえるのではないでしょうか。


単語の覚える量ではないですが、賢い犬とおバカな犬の違いは物覚えの差。と思い浮かべる人はいると思います。例えば、しつけを行うとすぐ成功する犬っていますよね。「トイレのしつけが一発で成功した。」「オスワリをすぐ覚えた」などなど。そういうすぐにしつけが成功する犬は物覚えが良い賢い犬として見られることが多いと思います。


一方、何度しつけを行ってもいつも失敗してばかりで、一向に成功する気配がない。そもそも、しつけの内容を理解しているように見えない。そういった犬は、おバカな犬として認識される傾向にありますよね。
《わんちゃんホンポ》

特集

page top