滝沢秀明『恐怖の追放リスト』後編 〜明暗分かれるベテラン勢〜 | NewsCafe

滝沢秀明『恐怖の追放リスト』後編 〜明暗分かれるベテラン勢〜

芸能 まいじつ/entertainment
滝沢秀明『恐怖の追放リスト』後編 〜明暗分かれるベテラン勢〜

前編で『ジャニーズアイランド』の滝沢秀明代表取締役社長が行う「事務所追放リスト」の最優先人物について触れた。中居正広、小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也らだ。


【関連】滝沢秀明『恐怖の追放リスト』前編 〜狙われた大物たち〜 ほか

この後編では、まだまだトンデモナイ追放メンバーを考えていることが明かされる。


「2020年末に活動休止が決まっている『嵐』の大野智と櫻井翔。大野はもともと脱退するつもりだったとされますが、そればかりではない。以前、彼は乱交パーティーの様子を顔写真付きでスッパ抜かれている。定期的にやっていたことも暴かれており、『嵐』活動休止後は辞めてもらう予定。大野本人も『放浪の旅をしたい』と言っていますし、好都合です」(ジャニーズライター)


櫻井に関しては、東京五輪まで日本テレビの代表リポーターを務めることが分かっている。


「滝沢は、櫻井の無能さが大嫌い。親が高級官僚だったこともあり、事務所も優遇してきた。しかし、すでに退官。現在は大手広告代理店勤務とはいえ、期限付き執行役員で何の影響もない。何より司会がヘタで使いものにならない。五輪終了後、『嵐』もなくなるので不要です。滝沢のお気に入りで“ゴマすり”亀梨和也が、櫻井の後釜に座ります」(同・ライター)


《まいじつ》

特集

page top