「寂しい」「昭和遠くに」=与野党から堺屋氏悼む声 | NewsCafe

「寂しい」「昭和遠くに」=与野党から堺屋氏悼む声

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 作家で経済企画庁(現内閣府)長官を務めた堺屋太一氏の死去を受け、与野党から悼む声が上がった。
 自民党の岸田文雄政調会長は10日、東京都内で記者団に「公私にわたり大変親しくしてもらった。懐かしい思い出がたくさんあり、寂しいものを感じる」と故人をしのんだ。
 立憲民主党の枝野幸男代表は長崎県大村市で記者団に「文字通り、昭和は遠くなりにけりというのをニュースを聞いて実感した」と語り、哀悼の意を表した。 
《時事通信社》

特集

page top