石破氏、安倍首相の演説を批判=自派閥除外会合にも苦言 | NewsCafe

石破氏、安倍首相の演説を批判=自派閥除外会合にも苦言

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 自民党の石破茂元幹事長は10日、安倍晋三首相が党大会の演説で「悪夢のような民主党政権」と述べたことについて、「過去に終わった政権のことを引き合いに出して『自分たちが正しいんだ』というやり方は危ない。国民が求めているのは民主党に対する批判ではない」と批判した。党大会後、記者団の取材に答えた。
 首相が景気回復を強調したことに対しても「国民一人一人の実感と、自民党の言っていることが乖離(かいり)を起こさないようにしていかなければいけない」と指摘した。
 また、首相が党内7派閥のうち石破派を除く6派事務総長と首相公邸で会食したことに関し、「どんな意図があったか知らないが、堂々とやるべきだ」と苦言を呈した。 
《時事通信社》

特集

page top