災害時のクッキングテクニック~非常時こそ食べなれた味を | NewsCafe

災害時のクッキングテクニック~非常時こそ食べなれた味を

健康・生活 もこすく
災害時のクッキングテクニック~非常時こそ食べなれた味を
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
日本では「今までにないこと」と言われる程の自然災害が多発しています。
当たり前だった日常生活が一変する出来事が、どこでも誰にでも起こり得る状況なのです。
そのような時でも欠かせないのが食事…皆さん、何らかの対策をしていますか?
非常時だからこそ食べることが重要な役割を担いますので、押さえておきたいポイントを栄養士の視点からご紹介します。

災害時の食事のキホン


災害時の食事は、インフラの寸断などから「食材が手に入らない」「調理環境が整わない」など、普段とは食事環境が大きく変わります。
加えて、身体的・精神的ストレスも増幅しますので、十分な栄養が必要であるにも関わらず、食欲の低下や適切な食事を準備できない状況に陥ることも考えられます。
そのため、災害時を想定した対策が不可欠です。
以下の基本的なポイントを押さえて備えましょう。
《Mocosuku》

特集

page top