叩き込みで敗れた碧山、“悔しさのあまり”大関・豪栄道を「ギロリ」 錦島親方「勝負ですから」 | NewsCafe

叩き込みで敗れた碧山、“悔しさのあまり”大関・豪栄道を「ギロリ」 錦島親方「勝負ですから」

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
叩き込みで敗れた碧山、“悔しさのあまり”大関・豪栄道を「ギロリ」 錦島親方「勝負ですから」

<大相撲初場所>◇十一日目◇23日◇東京・両国国技館


 大関の豪栄道(境川)が前頭五枚目・碧山(春日野)を叩き込みで下して5勝目を挙げた。


 一度目の立ち合いで突っ掛けた碧山に対して、二度目の立ち合いで近い間合いを嫌って距離をとった豪栄道は、正面から激しく当たった後、タイミングよく狙い澄ました叩き込みで碧山を土俵に這わせた。


 AbemaTVの中継で解説していた元関脇・朝赤龍の錦島親方は「(碧山は)頭の中に入れていなかったんでしょうね。豪栄道は負けが込んでいるので、引いてしまったんでしょう」と碧山の敗因、そして豪栄道の心境について話した。

 また碧山は立ち上がる際、悔しさのあまり豪栄道を「ギロリ」。その様子に視聴者からは「碧山すごく怒ってる」と驚きの声があがっていたが、錦島親方は「勝負ですから、頭の中に入れておかないと」と再度話すと、笑顔を交えつつもやんわりと苦言を呈していた。なお、この一番に敗れた碧山は5敗(6勝)となった。

(C)AbemaTV


▶帰ってきた御嶽海が全勝白鵬を撃破! 十一日目のダイジェストはコチラ

▶今場所の白鵬全取組はコチラ
▶今場所の貴景勝の全取組はコチラ


《AbemaTIMES》

特集

page top