危険な香り… 平井理央の“黒歴史”に「ジュニアアイドルっぽい」 | NewsCafe

危険な香り… 平井理央の“黒歴史”に「ジュニアアイドルっぽい」

芸能 まいじつ/entertainment
危険な香り… 平井理央の“黒歴史”に「ジュニアアイドルっぽい」

1月20日に放送された『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に、元フジテレビアナウンサーの平井理央が出演。番組内でこれまでの経歴を振り返ったのだが、「黒歴史が掘り起こされた」と話題になっている。


【関連】平井理央が「犬猿の仲」の加藤綾子潰しで離婚危機へ ほか

番組は履歴書を模した巨大パネルを用意し、ゲストである平井のプロフィルを時系列順に紹介。8歳のころ、父の仕事の都合でインドに引っ越したことや、小中一貫教育の名門校に通っていた華麗な経歴を明かしていった。


さらに、フジテレビ入社前のアイドル時代にも触れ、14歳のときに渋谷109でスカウトされたと芸能界デビューのきっかけも紹介。その後、平井は雑誌『ピチレモン』のモデルや『おはスタ』(テレビ東京系)のアシスタント『おはガール』など、10代前半から目覚ましい活躍を遂げていくことになる。


 


アイドル時代の“古臭い”映像に赤面


《まいじつ》

特集

page top