「伺う」と「参る」のどちらを使う?迷ったときのシーン別OK・NGリスト | NewsCafe

「伺う」と「参る」のどちらを使う?迷ったときのシーン別OK・NGリスト

面白ネタ・雑学 OTONA_SALONE/WORK
「伺う」と「参る」のどちらを使う?迷ったときのシーン別OK・NGリスト

例えば「行く」という動詞をビジネスシーンで使う場合、尊敬語と謙譲語、丁寧語の使い分けが必須です。「いらっしゃる」「いかれる」「おいでになる」が尊敬語、「伺う」「参る」が謙譲語、「行きます」が丁寧語です。自分が主語の場合、当然謙譲語「伺う」「参る」を使うわけですが、この「伺う」と「参る」には実は差があること、知っていましたか? 現役の中高生はこれができるんです。なぜなら学校で習っているから! さあ、新人類が知っていて私たちが知らないこの「伺う」「参る」の差ってなんでしょう?

例文

  • 明日、先生のお宅に伺います。
  • 明日、先生のお宅に参ります。

「伺う」は「謙譲語I」

謙譲語Iについて「敬語の指針」文化庁より

「先生のところに伺いたいんですが…… 」と述べる場合 「先生のところに行きた いんですが(先生のところを訪ねたいんですが)…… 」と同じ内容であるが 「行く(訪ねる 」の代わりに「伺う」を使うことで )「先生」を立てる述べ方になる。この ように 「伺う」は <向かう先> に対する敬語として働く。この種の敬語は,一般 に「謙譲語」と呼ばれてきたが,ここでは「謙譲語II」と区別して,特に「謙譲 語I」と呼ぶこととする。

「伺う」は <向かう先> に対する敬語とあります。いったいどういうことかというと、話題に上がっている人や物に対する謙譲表現です。

  • 明日、先生のお宅に伺います。

このせりふは、どんなシーンで話していると想像できますか。そうですね。このせりふは、そこに先生がいなくても使えるせりふですよね。話題に上がっているのは先生、その先生に対する謙譲表現なのです。

《OTONA SALONE》

特集

page top