吉田沙保里、引退理由を「女性としての幸せのため」にねじ曲げたの誰だ? | NewsCafe

吉田沙保里、引退理由を「女性としての幸せのため」にねじ曲げたの誰だ?

女性 OTONA_SALONE/LIFESTYLE
吉田沙保里、引退理由を「女性としての幸せのため」にねじ曲げたの誰だ?

レスリングでオリンピック三連覇、霊長類最強女子とも謳われた、吉田沙保里選手(以下、吉田サン)が「レスリングはすべてやりつくしたという思いが強い」と現役引退を発表しました。

東京オリンピックを来年に控え、自国の選手が金メダルを取るのを見たいと思うのは、国民としてごく自然なこと。吉田サンもリオデジャネイロ五輪で銀メダルだっただけに、東京オリンピックでリベンジの金メダルをという気持ちと、亡きお父さまから「引き際が大事、やっぱり勝って終わることが大事」とずっと言われていたこと、若手選手の成長著しいこともあって、引退を決めたそうです。

今後について聞かれた吉田サンは具体例としてコーチをあげ、その他にも「レスリング一筋でここまで来たので、レスリング以外のこともやってみたい思いも強いですし、やっぱり女性としての幸せも絶対につかみたい」と述べました。

好感度抜群の国民的ヒロインの引退にワイドショーも、吉田サンの会見を中継します。「感動をありがとう」としめくくるのかと思いきや、話はおかしな方向に展開していくのです。

結婚、出産のために引退したと誘導するコメンテーターたち

吉田サンが「女性としての幸せ」という言葉を使ったからでしょう、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)の男性コメンテーターは、この「女性の幸せ」を結婚、出産と解釈し、「東京五輪に出れば、そっち(結婚、出産)の準備にもっと時間がかかってしまう」、

《OTONA SALONE》

特集

page top