職員が自殺、パワハラが原因か=元所属長を減給処分―静岡県 | NewsCafe

職員が自殺、パワハラが原因か=元所属長を減給処分―静岡県

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 静岡県は18日、交通基盤部の出先機関に所属していた職員が2年ほど前に自殺していたことを明らかにした。当時所属長だった男性(59)からパワハラを受けていたとして、同日付でこの男性を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。自殺との因果関係も調べている。
 県によると、職員は2017年3月に自殺。遺族から「パワハラ(が原因)ではないか」と訴えがあり、県職員ハラスメント事実調査委員会が職員への聞き取り調査などを行い、男性のパワハラを認定した。 
《時事通信社》

特集

page top