交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」 | NewsCafe

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

健康・生活 もこすく
交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。
しかし、「モナリザ症候群」は絵画の「モナリザ」とはまったく無関係で、太りやすくなっている身体の状態を表しています。
肥満の人の7割が該当するとも言われる「モナリザ症候群」について、詳しく見ていきましょう。

モナリザ症候群とは


「太りやすい身体の状態」を表すモナリザ症候群。
その語源は「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の頭文字を取ったもの。
日本語に訳すと「ほとんどの肥満の原因は、交感神経の働きの低下にある」という意味です。
《Mocosuku》

特集

page top