【詳報】AKS松村匠氏と新支配人が記者会見、今村悦朗支配人の交代は「女性の立場をよく理解し、新しいNGT48を創出したいという思いからの人事異動」 | NewsCafe

【詳報】AKS松村匠氏と新支配人が記者会見、今村悦朗支配人の交代は「女性の立場をよく理解し、新しいNGT48を創出したいという思いからの人事異動」

社会 AbemaTIMES/社会
【詳報】AKS松村匠氏と新支配人が記者会見、今村悦朗支配人の交代は「女性の立場をよく理解し、新しいNGT48を創出したいという思いからの人事異動」

 NGT48の山口真帆さんが男性二人に自宅に押しかけられて暴行を受けた問題で、運営会社「AKS」の運営責任者兼取締役の松村匠氏、今村悦朗支配人に代わり新支配人となった早川麻依子氏、新副支配人の岡田剛氏が記者会見を開いた。


 会見冒頭、松村氏が「この度のこの一件に関しまして、いろいろと皆様にご迷惑、ご面倒、ご心配をおかけしたこと、ファンの皆様はもちろんのこと、メンバーのみんなに不安な思いさせてしまったこと、改めてこの場をお借りして、お詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。記者団からの質疑応答がスタートした。以下、その一問一答。

ーー昨日の深夜、人事異動が発表された。一番大きかったのは今村前支配人の異動だと思うが、その理由は。


松村氏:今村前支配人に関しては弊社の人事異動ということ。その理由に関しては、早川が女性ということで、女性の立場を理解し、また新たなNGT48というグループを頑張って盛り上げていきたい、という思いから、彼女を起用するということになった。


ーー事件が表面化してから初めてメディアに出られると思うが、時間がかかった理由は。


松村氏:大変に申し訳ございませんでした。本当にお詫び申し上げるしかない。まずは警察の捜査状況を鑑みていたということが一番大きな理由。昨日のリリースにも書かせていただいたが、警察の方からも、一応、違法性の問題ということで見解をいただいたので、改めてこういう場を設けさせていだいた。


ーー事件の概要の情報が錯綜しているが、どういうことがあったのか。


松村氏:それに関しても、大変申し訳ないが、捜査内容に関わることなので、コメントは差し控えさせていただきたい。


ーー第三者委員会は、どのくらいまでに調査をするのか。


松村氏:第三者委員会の皆様方にご協力いただいて、なるべく早く結論、結果を出したい。


ーーその人選は進んでいるのか。


松村氏:弁護士の方数名に入っていただいて、組織させていただきたい。


ーーメンバーの方々は相当ショックを受けて動揺していると思うが、どういう説明をされて、新支配人としてどんなことを話されたのか。


松村氏:冒頭で申し上げたとおり、メンバーに対しては申し訳ないという気持ちでいっぱい。まず支配人に関しては、まだ就任まもないということもあるので、メンバーとはこれから会って、一人ずつ向き合って、今後のNGTが良くなるように頑張ってまいりたい。

ーー新支配人はどういう仕事をなさっていたのか。


早川氏:2011年にSKE48のマネージャーとして入社し、その後AKB48、STU48のマネジメントに携わってきた。12月に一度SKEに戻ったが、この度このようなお話を頂いたのでお受けし、新潟の方に行くことになった。

ーーまず最初にかけたい言葉は。


早川氏:私自身まだ就任したばかりで状況を把握できていない部分がたくさんあるが、まずは山口真帆としっかり話をして、他のメンバーともひとりひとりと心を割って話をして、良いグループを作っていけたらと思っている。


ーー就任の内示はいつ?


早川氏・松村氏:金曜日。

岡田氏:私は副支配人という立場で、早川を支える立場で行かせていただく。早川も新任まもないというところもあるので、足りないところを私の方でバックアップし、少しでも早いNGTの信頼回復に尽力したい。昨年までAKSで営業周りの部長職として管理職を務めていたこともあるので、早川のサポートと言う形でご指名いただいたのかなと思っている。


松村氏:なにぶん二人は支配人業という難しい職務を遂行させていただくので、当然のことながらAKS、運営責任者の私は方でも当たり前のごとくバックアップを続けてまいりたい。皆様にも、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


ーー金曜(11日)の記念公演で山口さんがマイクを握ることになったが、なぜああいう形になったのか。運営のリリースが23時になったのはなぜなのか。


松村氏:大変申し訳無いという気持ちでいっぱい。運営の責任者として、すべて私の責任になっていると思う。リリースに関しては、やはり本件は警察の捜査ということが非常に絡んでいるので、警察ともやりとりをさせていただいていたということが、結果としてああいう時間になった。


ーー3周年公演が始まる段階では出せる段階ではなかった?


松村氏:当然ながらそうではなく、最終的な確認。非常にナーバスな案件なのは皆様もご理解いただいていると思うが、そのあたりのことだと理解いただければと思う。


ーー金曜日の段階で内示を頂いたということだが、23時のリリースでは基本的には今村支配人の続投的な意思が滲んでいるように読んだが。


松村氏:前支配人もAKSのスタッフであるので、人事異動になったとしても当然ここまでの経緯を引き継いだり、ということもあるので、そのようにご理解いただければ。


ーー今村支配人の交代の経緯だが、ネットでも辞任を求める署名などがあったが、今回の一連の事態の混乱の責任を取って、ということ?


松村氏:そういうことでは一切なく、繰り返しになって恐縮だが、女性の立場をよく理解し、新しいNGTを創出したいという思いでこういう人事を行ったということ。


ーー本人から辞任したいという申し出は


松村氏:それは人事異動ですから。


ーーメンバーに対してはいつどのような形で?


松村氏:これからになるのかなという気もする。二人もまだ全員と向き合っているわけではないので、その過程でそういう事が行われることになると思う。


ーー第三者委員会の委員長の人選は?


松村氏:まだこれからになると思うが、候補の方はいらっしゃる。弁護士だ。


ーー事件が明るみになったのが山口さん本人の発信からだった。その経緯と、なぜそうなったのか。後で発表することになっていたのか。


松村氏:やはりメンバーの保護ということと、もしオープンになっていった時に二次的な、三次的な被害が及ぶのではないかなと私の方で考えて、それで結果的にはああいうことになってしまった。大変申し訳無いと思っているが、いずれにしても本人とのコミュニケーションをしっかりやっていなかったということは私の責任ではないかと思っている。


ーー結果的には二次被害が出ているが。


松村氏:それも含めて再発を防止していかなければいけないと。全社を挙げて真摯に向き合って、こういうことが二度とあってはいけないので、我々も身を引き締めて邁進していく所存。


ーー一部の報道によると、ファンの方がメンバーと同じマンションに住んでいたというものがあるが、その事実確認は。


松村氏:繰り返しになるが、警察の捜査内容に関わることなので、コメントはご遠慮させていただきたい。今回、メンバーの行動に関しては違法性が無いと警察の方から見解をいただいたので、そういうことになっているし、それと今後いわゆるNGTのメンバーとしての不適切な言動だとか行動ということについては、改めて第三者委員会の方で調査をさせていただきたいと思っている。


ーーメンバーがファンの方に帰宅時間を教えてしまっていたというようなことについて、メンバーに対する罰則というのか、卒業させるとか、そういうことっていうのは考えているのか。


松村氏:やはり我々はファンの皆様方の応援をいただいて初めて成り立っていることだと思うので、ファンの方をがっかりさせるようなことはあってはならないと思うし、再発防止に努めて、明るくて楽しいNGTが、早川の女性という立場からそういう形になっていってほしいというのを切に願うばかりだ。


ーー実際にファンに帰宅の時間を教えていたというようなメンバーには口頭注意のような形で?


松村氏:違法性の問題については警察がそういう判断をしたということだが、いわゆるNGTメンバーとして不適切な行動、言動ということに関しては、第三者委員会で徹底的に調査をしていただき、諮問を頂いて判断を仰ぐことになる。

ーーきょう会見したのは良かったと思うが、それ以前に被害者である山口さんが世界にも知られる形で弁明をして、そこに運営や責任者が付き添わず、晒し者というか、盾になって問題を収めようとしたのではないかという意見がネットにはいっぱいある。


松村氏:指摘はごもっともで、私の運営責任者としてのすべての責任だと思う。今後ああいうことが怒らないよう、メンバーと運営とスタッフがしっかりとコミュニケーションを取って、不足していたことは否めないと思う。再発防止ももちろんだが、ああいう形にならないことを行っていきたいと思っている。


ーーああいう形でやられることはご存知だった?山口さんに挨拶させろというのは松村さんの指示?


松村氏:一応、本人がそこで一曲出演するということもあったので、結果的にああいう形になってしまったのは本当に私の考えが浅はかだったのかな、至らなかったなと。結果的に本人の口から、しかも被害者が謝罪を、ということになってしまったことは深く深く、反省している。


ーー今村支配人の名前が特に経緯の中で出てこないが、当日の段階で意思決定、方向に関して関与されていたのか。


松村氏:私が運営の全責任者なので私の方で判断していった。


ーー再発防止策と言うことだが、現実的な保護は。あらぬ嫌疑をかけられたり、実際に苦しんだりしているメンバーもいると思うが、その精神的ケアなどについては。


松村氏:警備会社の指導によって、警備強化に関して具体的な内容を明らかにすることはやはり警備上の不備が出てくるということなので、その言明はここではご遠慮させてほしい。それはご理解ください。ただ徹底してくことに変わりはない。それと、メンタルについてはAKSではメンタルカウンセラーの先生が常駐でいらっしゃって通常からやっているが、さらにその方々にメンタルのケアをさせていただきたいなと思っている。


ーー山口さんは自分で話をしたが、噂された二人も、メンバーが否定する形で発信したが、それは運営サイドがそうしろと?


松村氏:ですので私としてはメンバーがああいう形でコメントしてしまうことに関して非常に責任を痛感する次第。今回はこうやって成人式という場を借りて大変恐縮ではあるが、もう少しこういう場を設けることを早くすべきだったと思っている。


ーー運営サイドとして、風紀の乱れは全く感じていなかったのか、それとも少し認識はあるのか。


松村氏:現状について、結果的には違法性の問題は警察の方からもなかったということだが、おっしゃる風紀については常に我々も大変気にしていること。というのも、ファンあってのメンバーだし、我々であるので、ファンの方がご覧になって、風紀が、というようなお考えになられることは随時、正していかなければいけないと思っている。


ーー山口さんはメンバーの関与が強いことを伺わせる発言されたと思うが、向かいの部屋に誰が住んで、ということの確認は。


松村氏:これも繰り返しになるが警察の捜査内容に関わることなので、コメントは差し控えたい。


ーー一方で、メンバー二人は自分たちは無罪だと発信しているが、これは矛盾というか、捜査段階ではないのか。


松村氏:ですので今後は全メンバーに話をして、第三者委員会が中心になると思うが、不適切な行動、言動がないように指導するとともに、調査をしていきたいと思う。


ーーでも、不起訴になり、事件の捜査は終わっていると思うが、それなのに捜査に配慮するというのは合点がいかないし、運営側の裁量に任されているのではないか。


松村氏:警察の方ともお話をさせていただいて、捜査をしていただき、送致をしたのが2名ということであったので、もしなにかそれにうちのメンバーに該当するものがいれば送致になると思うが、それに該当する者がいないということなので、違法性のあるものはいなかったということだと思う。第三者委員会での調査を早急にやっていきたいなと思っている。


ーーメンバーを二人がここ数日で発信された関与がないという発信について、認識として不適切な発信?


松村氏:それは違う。メンバーとして不適切な言動、というのはそのことを指しているのではないので、誤解を招くようなことであれば訂正させてほしい。


ーー金曜日のリリースでは、一人のメンバーに帰宅時間を教えたような言動があったと、そして実態としては建物の中において事件が起きている。この間に関して、金曜の段階では全く説明されていない。一方で、事件への関与について関してはないと。それは調査委員会とは関係なく、今わかっている範囲の中で説明いただけたほうが疑問が解決するし、憶測もなくなるのではないか。


松村氏:もう一度話すが、オープンにしていい情報について、警察とずっとやりとりしていたので、それがようやくOKになって、昨日といっても今日の未明だが、出させていただいたということ。


ーー関与を否定する二人のツイートには運営サイドは絡んでなくて、勝手に発信したという認識か。


松村氏:当然SNSのことなので、我々がなにか監視、管理するというものではないと認識はしている。


ーーほぼ同時に発信されたが。それは偶然?


松村氏:ではないかなと。


ーー事務所として、帰宅時間を教えたという不適切な行動があったと把握され、違法性はないということだが、それは1名が数名か。


松村氏:それも含め、第三者委員会の方でもう一度調査をいただきたいと思う。


ーー山口さんは"住所を教えた"とかいろいろ言っていたが、帰宅時間を教えたという、それだけしか把握していないということか。


松村氏:ずっと警察の捜査に協力してきたし、捜査の内容よることなので、私の方でコメントするのはもう差し控えたい。


ーー今後、新たな報道などによって、ファンが混乱してしまうような場合は、その都度説明をしていただけるのか。


松村氏:今回のことを教訓に、我々運営としてはしっかりとした皆様方への対応をさせていただきたいと思っている。


ーー第三者委員会の調査も含め、いつ頃までにはすべてを報告していただけるという目処みたいなものは。


松村氏:メンバーに関わることなので、早急に取り掛かり、なるだけ早く結論を出していかないといけないと思うが、やはり迅速でありながらも丁寧に、しっかりとやらないといけないと思っているので、その辺はご理解いただければと思う。


ーーたとえば不適切な行動について委員会から報告を受けてわかった場合、それ相応のペナルティも考えているのか。


松村氏:それは第三者委員会の諮問を頂いた上で検討していこうと思っている。


ーーこういう色んなことが明らかになって、メンバーやOGは本当に勇気を振り絞って、怒られるかもしれないと思いながらもSNSで発信した。こういうことがあったので締め付けが厳しくなりかねないと思うが、今後については。


松村氏:本当に今まで以上に普段からのコミュニケーションをしっかり取って、相互に理解し合って、やはり明るいNGTというのを作り上げていくことを実行していけば、そういうことは自ずと解決していくと思う。私は男性だし年齢も大きく離れているが、早川は女性の支配人ということなので、女性同士でしかわかりえないこともやりとりしてもらって、より密なる関係を築いていただて、もうこういうことが起こらないようにしていきたい。


ーー今回発信してしまったメンバーに厳しい処分はないということか?


松村氏:それは第三者委員会も含めて考えていかなければいけない。


ーー山口さん自身とは、今の状況をどう相談したりしているのか。


松村氏:これは山口だけに限らず、メンバー全員に関係するので、もう一度。二人(早川氏、岡田氏)もまだ話をしていないし、お恥ずかしい話がリリースも夜中だったので、これからそのあたりの話はしっかりさせていただきたい。


ーー山口さんの今の様子は。


松村氏:当然ながら、これはNGTメンバー全員がメンタル的にも大変な思いをしている。その要因を作ったのは私、運営の責任だと思っているので、全員をしっかりとケアしていかないといけないと思っている。


ーー劇場も休んでいるが、今後どうするのか。


松村氏:22日にスケジュール上は劇場公演を予定しているが、お客様に夢を与える仕事をやらせていただいているので、メンタル的にも肉体的にもしっかりと、もう一度相談をしていきたい。


ーー今村支配人自身とはどういうお話を。


松村氏:当然、女性のスタッフが入るということで、今村も私より年齢も上で男性なので、女性スタッフが入るということで、新しい風、新しいNGTができることをバックアップして。当然AKSの人間なので当たり前だが、チームが違うからということは一切なくやっていきたいなと思っている。


ーー(今村氏に)話をしたい意向はあったのか


松村氏:すべての責任は私なので、私がお話をするということにした。


ーー今村さんは事件に関してなにかしら責任は感じている様子は…


松村氏:私も運営の統括責任なので、本人も劇場支配人ということなので、同じく責任は感じていると思う。

ーー今回の件は総合プロデューサーの秋元康さんはどういう見解を?


松村氏:大変憂慮されておりました。運営の方は私が進めておりますので、非常に叱責といいますか。当然ですね。本当に憂慮されておりました。


ーー具体的な言葉としては。


松村氏:"本当に、しっかりとメンバーをケアしていく"ということを。それは同じですね。"松村、君は運営の責任者なんだから。経験もあるわけだから、しっかりと考えなさい"と言われております。


ーー取材していくと、何か支配人に決定権が足りないような気がする。支配人の権限というのはこれまでどういうものがあって、今後強化したりしていくのか。


松村氏:我々の運営組織の問題の貴重なご意見として、支配人の権限をどうしていくかは、あらたな検討事項として考えていけたらいいかなと思う。私自身、メンバーとはもちろん、スタッフとのコミュニケーションをより多くして、そういうことを皆さんがお感じにならないよう、一体感ある運営を行っていきたいと思う。


ーー犯人探しがこのまま永遠に続いてしまうと思うが。


松村氏:それも第三者委員会の方でしっかりとそれを調べて、本当に繰り返しになって恐縮だが、迅速、かつ丁寧に進めていかなければいけないというのが再優先事項かなと考えております。


ーー山口さんは、メンバーが自分の家を教えた上で"行け"と犯人にそそのかしたと書き込んでいたが、これまでのリリースで中でその点については書かれていなかった。


松村氏:それはもう警察の捜査にも関わることなので、そういうことも含めて第三者委員会で調査をしていきたいと考えている。


早川氏:(ここまでの会見の中で)"帰宅時間を教えたメンバーがいる"という発言があったが、リリースにも書いているとおり、決して"何時に帰るよ"、ということ言ってしまったということではなく、帰宅時間を連想させてしまうような発言をしてしまったというニュアンスなので、そこは訂正をお願いしたい。


---

会見の最後に、松村氏が「改めまして、本当にこの度はいろいろと皆様にご面倒をおかけいたしました。そしてファンの皆さま、およびメンバーのみんなに心配、それと不安な思いをさせてしまったこと、この場をお借りしまして、今一度お詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と述べて3人は頭を下げ、会見場を後にした。

《AbemaTIMES》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top