【MLB】なぜ広島を1年で自由契約となったブレイシアを…世界一Rソックスの補強“秘話” | NewsCafe

【MLB】なぜ広島を1年で自由契約となったブレイシアを…世界一Rソックスの補強“秘話”

スポーツ フルカウント
レッドソックスのライアン・ブレイシア【写真:Getty Images】
■1年前の獲得“秘話”を地元メディアが特集「クローザー候補を発掘した1周年記念」

 2018年、圧倒的な強さを見せて世界一に輝いたレッドソックス。レギュラーシーズン108勝(54敗)を挙げた最強軍団の中でキーマンの一人となったのが、ライアン・ブレイシア投手だ。メジャーで目立った実績はなく、2017年にプレーした広島も1年で自由契約となった右腕をレッドソックスはなぜ獲得したのか。ボストンの地元ラジオ局「WEEI」の電子版が特集している。

 ブレイシアは2013年にエンゼルスでメジャーデビューを果たし、7試合登板で防御率2.00という成績を残したものの、その後はマイナー生活に。2017年に広島に加入したが、26試合登板で2勝1敗1セーブ2ホールド、防御率3.00という成績で1年で自由契約となった。そんな右腕を昨オフにマイナー契約で獲得したのが、レッドソックスだった。

「レッドソックスがクローザー候補を発掘した1周年記念」とのタイトルで特集を掲載した「WEEI」では、レッドソックスのスカウトを務めるスティーブ・ペック氏への取材から、当時を振り返っている。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top