中日平田が開いた“新境地” 山崎武司氏「本塁打の少なさを気にする必要ない」 | NewsCafe

中日平田が開いた“新境地” 山崎武司氏「本塁打の少なさを気にする必要ない」

スポーツ フルカウント
中日・平田良介【写真:荒川祐史】
■アベレージヒッターとして飛躍、好結果を残せた要因は「ダイエット」

 中日の平田良介外野手にとって、昨季はプロ13年目にして最高のシーズンとなった。自己最多138試合に出場し、リーグ3位の打率.329、9本塁打、55打点。自身初のゴールデングラブ賞も獲得した。オフの契約更改交渉では、6000万円増の年俸1億8000万円でサイン。怪我なくシーズンを完走したことも大きかった。

 高校時代は通算70本塁打を放った大砲。プロ入り後、キャリアハイは2013年の15本塁打とその力を発揮できていないように見えたが、昨季はアベレージヒッターとして“開花”。打率と出塁率(.410)の高さから、シーズン途中からリードオフマンを務めるなど新境地を開いた。現役時代に通算403本塁打を放った強打者で、中日OBでもある野球解説者の山崎武司氏は「文句のない成績」と高く評価した上で「ホームランが少ないとかも気にする必要はない」と“エール”を送った。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top