作り置きして長持ちさせたい!ピーマンの肉詰めを保存するには? | NewsCafe

作り置きして長持ちさせたい!ピーマンの肉詰めを保存するには?

グルメ オリーブオイルをひとまわし
作り置きして長持ちさせたい!ピーマンの肉詰めを保存するには?

オリジナルサイトで読む >

タネを作りすぎてしまったり、ピーマンを切りすぎてしまったりと、ピーマンの肉詰めは予想外にたくさんできあがることがある。簡単なわりに見栄えがよいので、作り置きしておきたくなる料理だ。今回は、ピーマン肉詰めを正しく保存する方法を解説するので、ぜひ役立ててほしい。

1. ピーマンの肉詰めに適した正しい保存方法

ピーマンの肉詰めを保存する前には、必ず火を通しておこう。加熱後に、冷蔵もしくは冷凍するのが正しい保存方法だ。タネの状態で保存して焼きたてを食べたいと思うかもしれないが、生の挽き肉を保存すると食中毒の懸念が高まる。タネに存在する細菌が、加熱時に繁殖してしまうのだ。正しい保存方法として、保存前に十分に火を通しておくことは徹底したい。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top