元巨人フランシスコも登場 中南米WLでのHR後の“バット投げ”はド派手で凄い!? | NewsCafe

元巨人フランシスコも登場 中南米WLでのHR後の“バット投げ”はド派手で凄い!?

スポーツ フルカウント
メジャーでも活躍を見せたフアン・フランシスコ【写真:Getty Images】
■高レベルの中南米ウインターリーグ、45歳コロンやFAペンスもプレー

 豪快な本塁打は野球の華。スタンドまで描かれる放物線は試合の流れを一変、ファンを魅了する特別な力を持っている。大リーグ公式サイト内の人気動画コーナー「Cut4」は中南米ウインターリーグで生まれた劇的なアーチや本塁打後の派手なパフォーマンスに注目。「素晴らしいバットフリップの動画はここから生まれてくる」と題した特集を掲載している。

 中南米で行われているウインターリーグも終盤戦に入ってきた。8日夜のベネズエラでのウインターリーグでは、ツインズで捕手、三塁手、二塁手を守る便利屋のウィリアンズ・アストゥディロが8回に決勝弾。その後のパフォーマンスも決まった。打席内で右膝を付き、フルスイング後のバットを杖代わりに。左越えへ消えていく打球を悠々と見守り、スタンド着弾後はバットを放り投げて喜びを爆発させながらダイヤモンドを一周している。昨年6月末にメジャーデビューしてシーズン3本塁打。175センチと小柄ながらも102キロ。今季中のブレークが期待される巨漢が、まずは紹介された。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top