清原果耶の繊細な演技に注目 『愛唄 -約束のナクヒト-』より場面写真解禁 | NewsCafe

清原果耶の繊細な演技に注目 『愛唄 -約束のナクヒト-』より場面写真解禁

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
清原果耶の繊細な演技に注目 『愛唄 -約束のナクヒト-』より場面写真解禁

 映画『愛唄 -約束のナクヒト-』より、清原果耶の新たな場面写真が解禁された。

 2017年、驚異の大ヒットを記録した『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、名曲「愛唄」を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』(配給:東映)が、1月25日(金)に全国公開となる。


 GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、真っすぐなメッセージ。恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出す。実話エピソードから着想を得たオリジナル脚本で、青く澄みきった新たな物語が誕生した。


 清原果耶演じる伊藤凪は、わずか14歳でこの世を去ったとされている天才詩人。その4年後のある日、余命宣告を受け進行していく病状を受け止められない主人公・トオル(横浜流星)の前に少女が現れた。それが凪だった。幼い頃から病気がちで、学校にも満足に通えていないが、天性の明るさを持ち、今を全力で生きようとする凪。が、ある事情で世を去ったとされ、詩を綴ることをやめているなど、謎も多い難しい役だ。

 今回、公開された場面写真は、トオルと自転車に乗っている凪の幸せそうな表情、空を見つめる表情を切りとっている。さらに「生きるって、夢中になるってことだと思う」とトオルに語りかける凪の姿も。いつもかわいらしい帽子をかぶり、ピュアで明るく元気に振る舞うが、ふとした表情が繊細な感情の揺らぎを感じさせ、観ている側の想像を駆り立てる。

 そんな凪を演じるにあたり、清原は「凪ちゃんは強くて、弱い部分があってもそれを表に出さず、限られた毎日の中でも幸せを感じて前向きに進んでいく子だったので、私自身が毎日をそのように生きていないと凪を演じることは難しいなと思いました」とコメント。撮影がはじまると、自身が撮影中に湧き出たものをスマホに書き留めていくようになった。それは清原果耶としてというよりも、凪として感じたことを綴ったもので、自然と役づくりにもつながったという。さらに撮影が進むにつれて、「何より現場が楽しかったのでどんどん前向きになれたし、凪を演じることによって私も彼女のように生きていきたいと思えるようになったんです。その気持ちは私が生きていく上でずっと大切にしていきたいものになりました」と振り返る。


 昨年、初主演作のNHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」で、アルバイトの看護助手として命に向き合う主人公を演じ高い評価を得た。そして本作で、長い闘病生活を送る少女役で、再び命をテーマにした物語に取り組み、「これからの私の人生に、凪というキャラクターが組み込まれたことを、すごく幸せに思っています」と語る。病と闘いながらも、生きることの喜びと美しさを、繊細な透明感と揺るぎない存在感で体現するその姿からは一秒たりとも目が離せない。 


 2019年は年明けからフジテレビ開局60周年特別企画「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」に出演、 「第97回全国高校サッカー選手権大会」(昨年12月30日から開幕)での14代目応援マネージャー、テレビCM、そして『愛唄 -約束のナクヒト-』(1月25日公開)、 『デイアンドナイト』 (1月26日公開)の公開、とその動向に最も注目が集まる女優・清原果耶の渾身の演技は必見だ。  


ストーリー

「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。

平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。

終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。

その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー


(c)2018「愛唄」製作委員会

《AbemaTIMES》

特集

page top