住宅ローン控除の確定申告が初めての方へ 初年度の申告のポイントと2年目以降の注意点 | NewsCafe

住宅ローン控除の確定申告が初めての方へ 初年度の申告のポイントと2年目以降の注意点

お金 マネーの達人
住宅ローン控除の確定申告が初めての方へ 初年度の申告のポイントと2年目以降の注意点

平成30年に住宅を購入し、ローン控除のために確定申告をするのが今年始めてという方。

初年分の申告のポイントと、2年目以降の注意点をお伝えします。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除、正式には住宅借入金等特別控除といいます。

これは、住宅ローンの年末残高(残債)の1%に相当する金額を本人の所得税額から控除できる制度です。

年間30万円の所得税を払っている人が3,000万円のローンを組んでいたら、源泉徴収された所得税30万円が丸々還付されてくる、というもの。

控除可能額が所得税額を上回る場合は、住民税で調整されます(限度額あり)。

平成30年に住宅ローンを組んだ方は会社員でも確定申告必須

住宅ローン控除の適用を受けるためには、初年分は必ず確定申告が必要です

本来会社員の方は勤務先での年末調整があるため確定申告は不要なのですが、ローン控除適用初年は申告しなければ還付を受けられません。

住宅ローンを組んでいると借入れ開始から10年の間、毎年10月頃に住宅ローン控除を適用するための「年末残高証明書」が送付されてきます

金融機関にもよりますが、ローンを組んだ初年分だけは年明け1月中旬~下旬に送付されることが多いです。

12月までに到着していなくても、焦らず待つか、本人から金融機関に問い合わせるのが良いでしょう(借入れの内容に言及するので、家族から問い合わせても原則教えてもらえません)。

初年分の申告書作成の際に用意するもの

(1) 源泉徴収票(給与所得のある方のみ)
《マネーの達人》

特集

page top