ぶり大根で失敗しない!必ず美味しくなる作り方のコツとは? 4ページ目 | NewsCafe

ぶり大根で失敗しない!必ず美味しくなる作り方のコツとは?

グルメ オリーブオイルをひとまわし
ぶり大根で失敗しない!必ず美味しくなる作り方のコツとは?
煮物は、冷める時に味がしみこんでいくということはご存知だろうか。ぶり大根の煮汁が半分になるまで煮詰まったら、一度火を止めて常温になるまで落ち着かせる。そして食べる時に、好みの煮加減まで再び火を入れる。こうすることで味がよりしみこみ、ぶりの身をつややかで柔らかく仕上げることができる。

結論

ぶり大根は、下ごしらえをきちんと施すことで、プロが作ったような仕上がりになる。逆に言えば、下ごしらえを怠ると臭みが残ったり、味が薄かったりと美味しく出来上がらない。食材選びの時点でよい素材を選び抜いたうえで、調理のコツをしっかりと押さえ、美味しいぶり大根を作ってほしい。

炊飯器だけでできる!味がしっかりしみたぶり大根投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top