今年はいつ?毎年夏にやってくる、半夏生にまつわる食べ物の話 | NewsCafe

今年はいつ?毎年夏にやってくる、半夏生にまつわる食べ物の話

グルメ オリーブオイルをひとまわし
今年はいつ?毎年夏にやってくる、半夏生にまつわる食べ物の話

オリジナルサイトで読む >

半夏生(はんげしょう)という言葉をご存知だろうか。古来より農作で生活の礎を築いてきた日本人にとっては、重要な意味を持つ日である。毎年夏にやってくる、半夏生。半夏生の頃に旬を迎える植物や、いまもなお各地に残っている半夏生にまつわる食文化をご紹介しよう。

1. 半夏生とは?その由来に迫る

半夏生(はんげしょう)とは、夏至から数えて11日目の日を指す。農作業が生活の中心だった昔、日本人は移り行く四季に合わせて独自の暦を作成していた。その1つである雑節で、田植えを終わらせる目安の時期とされたのが半夏生だった。湿度が高くなり始め、じめじめとした梅雨が始まる半夏生の頃。梅雨空から降ってくる雨に毒気があるとか、地から毒草が生えるとか言われていた。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top