受験から入学までの費用、2018年度は最高315万2,400円 | NewsCafe

受験から入学までの費用、2018年度は最高315万2,400円

子育て・教育 リセマム/教育・受験/大学生
「2018年度保護者に聞く新入生調査」入学までにかかった費用・国公立(専攻別/住まい別)
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」入学までにかかった費用・国公立(専攻別/住まい別)
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」入学までにかかった費用・私立(専攻別/住まい別)
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」入学までにかかった費用・国公立(専攻別/17年比/住まい別)
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」入学までにかかった費用・私立(専攻別/17年比/住まい別)
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」受験料・受験学部数推移(設置者別)
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」(左)下宿生の生活用品購入費用、(右)費用面で準備・工夫したこと
  • 「2018年度保護者に聞く新入生調査」(左)オープンキャンパスへの同行者の割合、(右)入学式への同行者の割合
 全国大学生協連は2018年1月9日、「2018年度保護者に聞く新入生調査」概要報告を公表した。受験から入学までの費用がもっとも低かったのは国公立・文科系の自宅生で126万3,500円、もっとも高かったのは私立・医歯薬系の下宿生で315万2,400円だった。

 全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)では、2007年から毎年4月~5月に新入生の保護者を対象とした「保護者に聞く新入生調査」を実施。受験から入学までにかかった費用をはじめ、受験から入学までに困ったこと、大学生活を送るうえでの不安などの保護者の意識や、大学生協の事業に対する評価の調査も行う。2018年度は129大学生協2万1,720件の回答を得た。

 受験から入学までにかかった費用には、出願をするためにかかった費用、受験のための費用、大学への学校納付金、合格発表や入学手続きのための費用、住まい探しの費用、生活用品購入費用など、9つの費目から集計。各費目の平均額と合計の平均額は、それぞれ「0」と無回答を除いた数値の平均(有額平均)で表示している。
《黄金崎綾乃》

特集

page top