相続の疑問に銀行員が回答!【第2回】 死亡したことを、いつまでに銀行へ伝えればいいの? | NewsCafe

相続の疑問に銀行員が回答!【第2回】 死亡したことを、いつまでに銀行へ伝えればいいの?

お金 マネーの達人
相続の疑問に銀行員が回答!【第2回】 死亡したことを、いつまでに銀行へ伝えればいいの?

相続の疑問に、銀行員が答えます!

第2回 死亡したことを、いつまでに銀行へ伝えればいいの?
第3回 預金が凍結されるとどうなるの? ~預金の出金について
第4回 借入が残っていると、どうなるの? ~住宅ローンの場合
第5回 借入が残っていると、どうなるの? ~アパートローンや事業資金の場合
第6回 いまから準備できることはあるの? ~相続のときに困らないために

死亡したことを銀行に伝えるタイミングはいつ?

第1回「死亡すると、銀行はなぜ預金口座を凍結するのか?」の説明を踏まえて、銀行に伝えるタイミングは、

1. 家族(相続人)同士で話し合いをして、全員が納得し、足並みがそろっている

2. 預金が凍結されても困らない

この2つの確認ができてから、銀行に死亡を伝えます

1度伝えたら、取り消すことはできません

家族(相続人)同士で話し合いをして、全員が納得し足並みがそろっていることはトラブルを避けるために重要です。

相続トラブルを銀行が恐れている点です。

預金が多額だと争族になる

30年の銀行員生活でいろいろな相続に向き合い、はっきりと言えるのは「お金があると家族がもめる」ということです。

ひとくちに預金といっても、例えば

「1冊の定期預金を3人で分けるには?」

など、不公平感なく分けるのは簡単ではありません。

《マネーの達人》

特集

page top