【インフルエンザ18-19】岐阜・北海道など警報レベル…全国で大流行の恐れ | NewsCafe

【インフルエンザ18-19】岐阜・北海道など警報レベル…全国で大流行の恐れ

子育て・教育 リセマム/生活・健康/その他
インフルエンザ流行レベルマップ 2019年第1週(2018年12月31日~2019年1月6日)
  • インフルエンザ流行レベルマップ 2019年第1週(2018年12月31日~2019年1月6日)
  • インフルエンザ流行レベルマップ 今シーズンの動き(2018年~2019年)
 国立感染症研究所は2019年1月9日、2019年第1週(2018年12月31日~2019年1月6日)のインフルエンザ流行レベルマップを発表した。岐阜県、愛知県、北海道など、1道2府18県、計84か所の保健所地域で警報レベルを超え、全国的に大きな流行の発生・継続が疑われる。

 全国におけるインフルエンザの定点あたり報告数は16.30、患者報告数は7万8,116人となり、前週の第52週(12月24日~12月30日)の定点あたり報告数から5.13増加した。都道府県別の定点あたり報告数は、岐阜県(49.12)がもっとも多く、ついで愛知県(46.42)、北海道(33.57)、高知県(30.10)、沖縄県(28.53)、福岡県(25.33)、滋賀県(23.67)、熊本県(21.96)、茨城県(20.65)など。43道府県で前週より報告数が増加し、4都県では前週より報告数が減少した。

 全国で警報レベルを超えている保健所地域は84か所(1道2府18県)にのぼり、注意報レベルを超えている保健所地域は238か所(全47都道府県)となった。岐阜県が全国でもっとも高い警報レベルとなったほか、全都道府県で注意報レベル以上となったことから、大きな流行の発生と継続が疑われる段階に突入している。
《畑山望》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top