大型犬には特に注意。ウォブラー症候群について | NewsCafe

大型犬には特に注意。ウォブラー症候群について

動物 ワンちゃん本舗
大型犬には特に注意。ウォブラー症候群について
ウォブラー症候群をご存じでしょうか?
あまり耳にすることのない病名ですが、大型犬を飼っている方ならご存じかもしれません。
この病気は歩行困難や麻痺といった症状が出るため、日常生活に困難が生じる難病です。
走り回るのが大好きな犬たちにとってストレスとなるだけでなく、患部に痛みが出ることもあります。
そんな辛い病気を早期治療するためにも、飼い主さんが事前に知識を持っておくことが大切。
この記事では、そんなウォブラー症候群について詳しくご説明して参ります。

ウォブラー症候群とは?


ウォブラー症候群は、後部頚髄狭窄症(こうぶけいずいきょうさくしょう)とも呼ばれる病気です。
頚椎や椎間板の異常により、脊髄が圧迫されることにより、様々な障害が起こります。
患部に痛みが出たり、歩行が困難になったりすることも。
馬などの大型の動物によく見られ、犬では大型犬や超大型犬に多いとされます。

《わんちゃんホンポ》

特集

page top