「源泉徴収有り特定口座」「NISA」を節税と社会保障に生かそう | NewsCafe

「源泉徴収有り特定口座」「NISA」を節税と社会保障に生かそう

お金 マネーの達人
「源泉徴収有り特定口座」「NISA」を節税と社会保障に生かそう

個人型確定拠出年金の対象者拡大に伴い、「iDeCo」なる愛称がつき、国も普及に努めてメディアでの話題も増えています。

日本人がアレルギーを持つリスク投資にも関わらず話題が多いのは、年金を増やすための手段であり、節税にもなるからでしょう。

しかし、投資を節税と社会保障に生かすという視点では、iDeCoに拘らずもう少し広い目で考えて行く必要もあります

iDeCoで気をつけたいこと

iDeCo自体は平成29年から始まった制度ではありませんが、専業主婦(夫)と公務員は平成29年から加入することができるようになりました。

専業主婦(夫)に関しては、平成30年から始まる配偶者特別控除の制度改正と組み合わせることで、世帯で見た節税と個人の社会保障を両立させられる絶好の機会ができました

下記のケースのように年収150万円稼いで本人は所得税0、配偶者は38万円の所得控除を受けることも可能です。

※「106万円の壁」を超えて社会保険に加入 本人負担は収入14%を想定

《マネーの達人》

特集

page top