勤労統計の閉会中審査前向き=自民国対委員長 | NewsCafe

勤労統計の閉会中審査前向き=自民国対委員長

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 自民党の森山裕国対委員長は11日午後、毎月勤労統計調査が誤った手法で行われていた問題に関し、通常国会召集前の閉会中審査実施に前向きな姿勢を示した。国会内で記者団に「なぜ長年にわたって(誤りが)なされてきたか明確にしなければならない。できるだけ早く(衆院厚生労働委員会の)理事会に報告し、閉会中に委員会を開くという判断があれば、できるだけ早く開くことが大事だ」と語った。 
《時事通信社》

特集

page top