高橋大輔が『辞退』を躊躇した「日本男子フィギュア」のふがいない内情 | NewsCafe

高橋大輔が『辞退』を躊躇した「日本男子フィギュア」のふがいない内情

スポーツ まいじつ/sports
高橋大輔が『辞退』を躊躇した「日本男子フィギュア」のふがいない内情

昨年末に行われたフィギュア全日本選手権で2位の好成績を収めた32歳の高橋大輔だが、世界選手権出場は辞退すると発表した。


【関連】フィギュアスケート・高橋大輔が「現役復帰」した目的 ほか

高橋の「若い選手が舞台を経験することの必要性…」なる言葉は重い。とはいえ、それは即決ではなかった。


「高橋は『迷った』と話していました。そもそも、高橋の復帰は今シーズンに限ってであり、世界選手権の大舞台を後輩に譲ったのは、当然の流れでした。なのに、高橋を迷わせたのは、日本のフィギュア男子の内情が影響していたからです」(スポーツ協会詰め記者)


期間限定で復帰した高橋を代表にしても、未来はない。スケート連盟もそのつもりだったが、考えを改めた理由は1つ。羽生結弦だ。


羽生は右足首故障のため、全日本選手権を欠場。だが、これまでの成績に配慮した“特別枠”によって、世界選手権への出場はかなった。しかし、関係者からはこんな声も聞かれた。


《まいじつ》

特集

page top