「一人になったら涙が……」純烈リーダー・酒井、生放送で“4人”熱唱も苦しい胸中激白 | NewsCafe

「一人になったら涙が……」純烈リーダー・酒井、生放送で“4人”熱唱も苦しい胸中激白

芸能 AbemaTIMES/バラエティ
「一人になったら涙が……」純烈リーダー・酒井、生放送で“4人”熱唱も苦しい胸中激白

 男性5人組の歌謡グループ「純烈」リーダーの酒井一圭(43)が、9日に週刊文春が報じた友井雄亮(38)に関するDVや金銭トラブルについて、10日に出演した生放送の番組内で言及。「いまお騒がせしている純烈なので」と口を開くと、苦しい胸の内を明かした。


 AbemaTVで放送された「買えるバトルクラブ」に友井を除く4人で出演した純烈。リーダーの酒井は冒頭、友井の一件に自ら触れ「いまお騒がせしている純烈でして、一人になったら涙が流れそうなので……」とうつむき気味に話したが、一転して前を向くと「呼んでいただけて、命救われております」と感謝の言葉を口にした。

 その後、番組内でヒット曲「プロポーズ」を披露した純烈に対し、視聴者からは厳しい声も聞かれたが、一方では「逆境を飛躍のきっかけに」「4人の純烈も応援しています」などの温かい励ましの声、さらには「泣きたいのはメンバー」など4人の心中を察するコメントも寄せられていた。


 純烈は2007年、酒井の「紅白に出て親孝行をしよう」という言葉を受けて結成された歌謡グループ。苦節11年目にして、昨年末に行われたNHK紅白歌合戦に悲願の初出場を果たしたばかり。11日の午後5時からは、友井単独による記者会見が予定されている。


(C)AbemaTV


▶「一人になったら涙が……」純烈・酒井、胸の内を激白!

▶友井雄亮、本日17時からの「単独謝罪会見」で何を語る!?

《AbemaTIMES》

特集

page top